突然の通帳差し押さえ【残高0円】|どうすればいいのか?

突然の通帳差し押さえ!今すぐできる対処法

通帳が差し押さえられてしまいそう!

 

「借金が原因で、通帳を差し押さえられそう…」

 

→差し押さえられてしまう前なら、債務整理による借金整理で差し押さえを回避できるかもしれません。
手遅れになる前に、今すぐ債務整理方法を検討しましょう。

 

※税金の滞納による差し押さえは、債務整理では解決できません

 

まずはこのツールで無料診断

自分に一番メリットのある借金整理方法が診断できる無料ツールです↓↓

※匿名(ニックネーム)で診断OK。プライバシーも安心です。

 

通帳が差し押さえられてしまったら

 

「借金が原因で、通帳を差し押さえられてしまった!」

 

個人再生か自己破産でなら解決できる場合があります。

 

差し押さえ対処は債務整理の中でも難しい部類に入るので、実力のある法律事務所に相談することが大切です。

 

※税金の滞納による差し押さえは、債務整理では解決できません

 

実力で厳選!無料相談できる法律事務所

以下に、口コミで人気の実力派法律事務所を載せておきます。
※差し押さえ対処は迅速さが肝心なこともあり、混み合っている場合は断られることも。1ヶ所断られたらもう1ヶ所と、複数に掛けあってみることをおすすめします。

 

 

 

 

 

 

 

通帳差し押さえの対処法・解決方法

 

①差し押さえされる前
→債務整理の選択肢も広い

 

②差し押さえされてしまった後
→個人再生か自己破産

 

債務整理をする上で大切なことは、自分の借金の状態にあった債務整理をすることです。
まずは、ご自身に合った債務整理方法を探しましょう。

 

①通帳の差し押さえをされる前の人

事前に債務整理のシミュレーションをしましょう

債務整理には任意整理、自己破産、個人再生、特定調停の4種類があります。
弁護士などの専門家に相談するなどしてご自身に最適な債務整理方法を見出してもらい、すぐに手続きを開始しましょう。

 

 

②差し押さえされてしまった人

すぐに債務整理に強い弁護士に相談しましょう。

 

おすすめの弁護士の選び方

 

無料相談が可能

相談に関しては無料相談ができるとことを優先的に選びましょう。初期費用もかからなところは、さらにおすすめです。

柔軟な支払い方法

分割払いや後払いができる事務所を選んで下さい。

即日対応可能

督促に対してスピーディーに対応してくれる弁護士事務所を選ばれて下さい。

経験と実績が豊富

弁護士事務所には得意不得意があります。債務整理に強い弁護士事務所を選びましょう。

 

突然の通帳差押えから、債務整理をすると決めた場合の流れ(ex.自己破産)

 

多額の借金があり、ついには差押えをされてしまい返済することが不可能な場合になった時には、債務整理は生活再建の為には有効な手段です。

 

今回は、その中でも特に有名な自己破産の流れを例にしてみたいと思います。

 

通帳差し押さえから自己破産開始決定までの流れ

 

自己破産を申請すると借金を全額免除してもらうことができます。

 

自己破産をすると所有している財産の多くを手放さなければならなくなりますが、ある程度のものは手元に残すことができ現金も99万円までは残しておくことができるので、差押えや多額の借金で苦しむ人には有効な手段であると言えます。

 

1,自己破産の手続きを弁護士に依頼すると、債権者に受任手続きの通知が届けられます。

 

これにより債権者から督促がなくなり借金の返済も手続きが完了するまでしなくても良くなります。

 

2,借金が全部でどのくらいあるかを調査して裁判所に自己破産の申立をするための書類を作ります。

 

3,書類を作成し添付する資料も全てそろったら裁判所に申立をします。

 

4,借金について不審な点がなく、債権者からも異議申し立てがない場合は、裁判所で当事者が出廷して免責審尋が行なわれます。

 

裁判官が借金の免除を認めるかどうか面談するもので通常では10分程度で終わります。

 

5,免責審尋が行なわれてから1ヶ月ほどしてから裁判所から免責許可決定書が届きます。

 

これで全ての手続きが終わり借金が全て免除されます。自己破産の手続きを始めてから平均して3ヶ月から6ヶ月ほどで全ての手続きが終わります。

 

通帳の差し押さえをされたときには債務整理で対処できる

消費者金融業者などの貸金業者から借金をするときには、勤務先の情報を記載していると思います。
勤務先がわかっている状況であれば、借り入れをした融資の金額を返済することができなくなったときには、貸金業者によって様々なものが差し押さえられる可能性があります。
対象となるものには、通帳や不動産、自動車などが挙げられます。
差し押さえの中にもっとも行いやすいものは、勤務先から給料が振り込まれる通帳に対して実行されるケースが多いと言えます。
通帳の差し押さえをしてしまえば、確実に資金の回収をすることが可能になることが理由として考えられます。
通帳の差し押さえは、一般的な日常生活を送るために支障のない金額の範囲内しか差し押さえはしてはならないように法律で制限がかけられています。
給与が44万円以下の場合には4分の1まで、44万円以上の給与があるときには33万円を超えた額は差し押さえできない金額となります。
事前に予告通知者が裁判所から届けられることになりますので、予告通知書が届けられた時点で弁護士などの法律の専門家に相談することがおすすめです。
通帳の差し押さえは、弁護士に相談を行って自己破産など債務整理の手続きを行うことで解除することができます。
解除するためには一括返済をしなければなりませんが、お金がない状態の方が陥る問題ですので、一般的には自己破産の手続きを行う人が多いです。
資産をすべて処分したくない人の場合には、個人再生の手続きを行うことも可能です。

 

通帳の差し押さえ…できるだけ早く弁護士に相談

消費者金融業者などから借金をしていて、支払い期日までに返済することができなければ、債権者側から債務者の通帳や不動産などを差し押さえることができます。
通帳などが差し押さえられる前であれば、様々な債務整理の手続きを検討できます。
差し押さえが実行されるときには、差し押さえ予告通知書が裁判所から通知されますので、通知書が届けられたときには弁護士などの専門家に相談することをおすすめします。
差し押さえが行われてしまった後の場合には、自己破産や個人再生の手続きを行うことで解除する方法を模索することになります。
債務整理の手続きを行うときには、自分の借金状態に適した債務整理の方法を行う必要があります。
自分自身に最適な債務整理をすることが大切ですので、弁護士に相談することで適切なアドバイスを受けることが可能です。
自己破産をすると抱えている借金のすべてにおいて、返済義務を免除してもらうことができますので、返済する理由がなくなったために通帳などが差し押さえられているときでも、解除してもらうことができます。
自己破産の手続きを弁護士に依頼したときには、債権者に対して受任通知を発送してもらうことができますので、その効果によって督促や借金の返済義務を完了していなくても差し押さえを解除することが可能です。
自己破産の場合には、持っている資産の大部分において処分する必要性が出てくる手続きとなりますので、資産の処分を行いたくない方の場合には個人再生の手続きを弁護士に依頼することがおすすめです。

 

 

 

差し押さえ通知がきた時の対処

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
page top