先ずやるべき差し押さえの対処法【弁護士相談】

差し押さえ通知がきたら弁護士に相談がベスト

 

差し押さえをされたら、借金問題はいよいよ最終段階にはいったと言えます。

 

と言うのも、差し押さえは債権者の最終手段です。
そのため債務者に与えるダメージも大きなものとなります。

 

この差し押さえですが、正式な差し押さえをされる前に、先ず仮差し押さえの状態になります。

 

仮差押とは、訴訟等で本差押の決定がなされる前段階の状態を意味する用語です。

 

仮差押がなされるケースとしては、債務者が債権者に債務を弁済していないにも関わらず、自身の財産を処分しようとしている場合になどに債権者の申し立てに基づき裁判所が仮差押を行うことができます。

 

仮差押となった財産は、厳密には差し押さえがなされているわけではないため、一応処分を行うことが可能です。

 

ですが、後に仮差押がなされた財産が競売等に掛けたれた場合には、債権者が優先的にその売却代金の配当を受けることが可能であるため通常は、仮差押の状態となった財産が取引などの対象となることは多くありません。

 

このように仮差押には、財産に対して大きな制限を掛ける効力があることから、債権者といえど簡単に債務者の財産を仮差押することはできません。

 

仮差押が行える要件は大きく2つあり、1つは被保全権利の存在であること、もう1つは訴訟の結果を待たずに仮差押をする必要性が存在していることが挙げられます。

 

つまり、債権が代金債権等であり、財産を仮差押しなければ債務者が勝手に財産を処分してしまうような可能性が予見できる状態でなければ仮差押をすることは認められないということになります。

 

この仮差押えは、法的手続きの厳しい基準をクリアして最終的に正式な差し押さえとなるので、

 

一度差し押さえになってしまうと、回避することは極めて困難になります。

 

ですので、仮差押えの通知が来た段階、債務整理の実績が厚い弁護士事務所に相談することをおすすめします。

 

差し押さえ通知がきた時の対処

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
page top